年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

鳥取県の伝統のおせち料理

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

 

やはり“小豆汁の雑煮”ではないでしょうか。

 

茹でた小豆を砂糖と一緒に煮てもちを入れたものですが、
おしるこのような感じですね。

 

お正月には欠かせないものなのだそうです。

 

また、“いただき”、“ののこ”、“ののこめし”ですが、
呼び名が変わるだけで、同じものなのだそうです。

 

油揚げに野菜と生米を入れて、だししょう油で煮炊きしたものです。

 

見た目はおいなりさんに似てますが、
作り方も味も全く違うものです。お米の貴重な時代に、
お腹いっぱい食べられるようにと、考えられた郷土料理なのだそうですよ。

 

これもまた各家庭に伝わるものとして、それぞれの味があるそうです。

 

こちらもお正月や祝い事には欠かせない一品なのだそうです。

 

また汁物では、贅沢に“カニ汁”があります。

 

鳥取では松葉ガニのメスだけで作るのが特徴です。

 

松葉ガニのメスは地元でしか食べられない大変貴重なものなのだそうですよ。

 

松葉ガニのメスの収穫数は大変少ないので、他県に出回ることがないからです。

 

そして“こも豆腐”ですね。

 

こちらも鳥取のお正月や祝い事には欠かせないもので、
藁で包んでだししょう油で煮込んだものです。

 

藁の香りとだしがあいまったなんともいえない風味の豆腐料理です。

 

藁の模様がつくのが特徴です。

 

他に、同じ豆腐料理では、青大豆を使った“みどり豆腐”も有名です。
若葉色がなんともいえない祝いの彩りをしてくれます。

 

また鳥取の方は、ラッキョウ漬けが大好きなのだそうで、
ラッキョウ漬けが美味しいことでも知られておりますね。
こちらも各家庭で作る郷土料理です。

 

祝い事には必ず並ぶそうです。

 

そして、鳥取でも“鯖ずし”はお正月に欠かせない一品だそうです。

 

こちらも酢飯を使わず、鯖を麹に付け込んだ保存食が
今も受け継がれているそうです。

 

そして“とちもち”ですね。とちの実をもち米と蒸してつき、
大納言小豆のあんこを包んだものです。大変人気のある鳥取の和菓子です。

 

【鳥取の地酒】

 

・鷹勇 もろみの香りが濃い吟醸香と旨み濃厚な口当たりのお酒です。
・日置桜 上品な米の香りでありながら、大変奥深味わい、辛口のお酒です。
・千代むすび 米の芳醇な香りと飲み口にキレがあるお酒です。
・諏訪泉 米の香りと旨みがまろやかで、飲み口すっきりとしたお酒です。
・辨天娘 米の吟醸香漂う、旨みと酸味のバランスが良いお酒です。
・山陰東郷 芳醇な米の香りと爽やかな酸味があいまってキレのあるお酒です。
・富玲 しっかり熟成させた米の香りと旨みが濃い、濃厚なお酒です。
・稲田姫 上品な香りと旨みがすっきりと飲める爽やかなお酒です。
・伯陽長 丁寧に熟成させて旨みも香りも濃厚な深い味わいのお酒です。

 

【鳥取の名物丼】

 

鳥取は“かに玉丼”が人気のようですね。

 

ほぐしたかにの身を卵でとじる“かに玉子丼”。

 

鶏ガラだししょう油味のスープを、水溶き片栗粉を入れて
とろみをつけたものをかけて食べる丼です。みつ葉を飾り付けます。

 

アツアツでも冷めても美味しいですよね。

 

おせちに飽きたら、ぜひ作ってみて下さいね!