年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

新年を迎えるために準備するもの

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

 

【しめ飾りの意味】

 

新年の年神様を迎えるにふさわしい場所であることを示す御印です。

 

主に玄関に飾り付けますが、自動車などに飾り付けるところもあります。

 

家の中では床の間や水回りなどに飾る場合もあります。

 

【角松の意味】

 

新年の年神様を迎えることが出来る場所であり、
年神様がお正月に快適に過ごせる住居であることを示すものです。

 

また、しめ飾りも角松も、12月13日から28日まで、また30日に飾ります。

 

29日と31日に飾るのは、よくないとされております。

 

その理由は、29日は、二重の苦ということで避けましょう。

 

31日は、一夜飾りということで、大変神様に失礼なので避けましょう。ということです。

 

このように新年の年神様が、家で過ごされる期間は“松の内”といわれ、
松の意味でもある永遠の幸せと、
神様が過ごされている神聖な場所という意味ですから、
きちんと意味を知っていると、おのずと過ごし方がちがってくるものです。

 

年神様が家で過ごされているときに、部屋中を汚くしたり、
家族喧嘩などしようものなら、
あっという間に良い神様たちは退散してしまうでしょうから。

 

気を付けて下さいね。

 

また、しめ飾りや、角松を置く前にしなければいけないことがあります。

 

―家の外、家周りをきれいにするー

 

家の中を、きれいに大掃除をして、しめ飾りや角松を飾れても、
家の外が草ボーボーだったり、ごみが落ちていたら、きっと神様は嫌がるでしょう。

 

ですから、飾り付ける前に家の周りもきれいにしておきましょうね。

 

―鏡餅の意味と飾り方―

 

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

 

鏡餅は、大、中の丸餅を重ね、みかんを飾ったものですが、
これが神様にささげる神聖なお餅です。神様が家に滞在中、
この餅を食べると言われており、床の間や神棚などに飾られます。

 

松の内の後に鏡開きをするのですが、
神様にささげた餅を食べることによって、
神様の力を分けてもらえるといわれております。

 

―鏡餅はいつ飾ればいいの?−

 

お供えのお餅ですが、あとで食べることを考えたら、12月30日がベストかと思います。

 

―お餅にカビが生えても食べますか?−

 

昔の人は、赤カビだったら捨てて、
青カビだったらカビを切り取って食べたといいます。

 

ですが、カビは体によくありませんので、
カビが生えないように気を付けることをおすすめします。

 

―鏡餅にカビを生やさせないために出来ることー

 

・絶対に触らない(人の手というものは意外と汚れているものです)

 

・毎日、日本酒などで拭く(殺菌消毒です、ホコリ取りも兼ねています)

 

・サランラップなどで密封する(ホコリやごみが付かないようにする)

 

これぐらいですが、1月7日までの松の内が過ぎたら、
食べる為に外されてもよいと言えます。お餅の状態が良ければ、
1月11日の鏡開きの日に外されても、もちろん良いと思います。