年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

おせち料理を作る前に、するべきこと

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

 

・家をきれいにして、良いものを迎えられるように、または来てくれるようにします。

 

すなわち、大掃除ですね。

 

―大掃除の意味とはー

 

新年を迎えるときに、宝物をたくさん持った新年の神様をお迎えするために、
必ずしなければいけない儀式です。

 

この新年の神様は汚いところが大嫌いで、
きちんと掃除をした家にしか来てはくれません。

 

神様が持ってくる宝物の中には、
私たちが日ごろから願っている“希望”や“幸せ”、
“お金”や“健康”、“家庭円満”や“長寿”、
“商売繁盛”が入っているといわれております。

 

新年の神様は、私たちには見えませんが、
きれいに掃除をされた家にはやってきて、
数日過ごしてゆくのだそうです。

 

そして、帰るときには必ず“幸せになる宝物”を置いてゆくのだと言われております。

 

―お掃除は、どこを、どうすればいいの?−

 

家は、住んでいる人をあらわす場所です。

 

自分では気づいていなくても外の人間からすれば、
一目瞭然に汚い場所は目につきます。

 

それは、心の乱れと同じで、
自身の持つ悩みもあらわれるといいますから、
隅々まできれいにできることが理想です。

 

ですが、どこを、どんなふうにすればいいのか?悩みますよね。

 

大掃除とは、その名の通り、
“大掃除”、普段手が付けられない場所も、
きれいにするのが、基本です。

 

お天道様の殺菌パワーも利用して、
お天気の良い日に大掃除をするのが鉄則です。

 

―大掃除はどこからはじめればよいのかー

 

・大掃除をはじめるときは、大量のホコリが出ることを覚悟しなければいけません。

 

ですから、マスクや頭巾、エプロンは最低限着用して下さい。

 

手が荒れやすい方は、軍手やゴム手袋も準備。掃除用具は、
埃をとるための“ハタキ”と“ほうき”、“ぞうきん”は最低限必要なものです。

 

あとは自分が掃除をしやすいように、掃除機やモップなどお使いください。

 

【ホコリは上から落ちてきます】

 

―まず家中の窓という窓を開けてから、大掃除をはじめて下さいね。―

 

・ホコリは上から落ちてくるものですから、天井や、天井の隅、
 箪笥の上や、照明器具のホコリとりをして下さい。

 

・ホコリが落ちたら、水拭き、乾拭きの順で拭き掃除。
 手が届かない場所は、無理して拭かなくても良いと思います。

 

 ホコリをとることが一番大切なことだからです。

 

(ここでちょい知識!)

 

新年の神様は、ホコリが嫌いです。
落ちたホコリは、ほうきや掃除機で一度きれいにして下さいね。

 

普段忘れている、家の上の方で居座っているホコリを一掃するだけで、
気分は爽快になります。なぜなら、家のホコリの中には、
幸せを邪魔する悪いものが潜んでいるからです。
神社で行われる“スス払い”もこのような意味があるといいます。