年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

和歌山県の伝統のおせち料理

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

 

和歌山のお正月のおせちや、祝い膳に欠かせないものは、
“いがみの煮つけ”と言われております。

 

和歌山の代表的な魚ブダイを、甘辛く煮つけたもので、
煮つけた汁が“煮こごり”になり、上品でとても味わい深い、
美味しいお正月料理なのだそうです。

 

煮こごりと一緒にブダイの身を食べるのが、美味しい食べ方なのだそうですよ。

 

また和歌山らしいものでは“柿の粕漬け”があります。

 

和歌山の摘果柿を粕漬けにしたものですが、
お土産としても大変喜ばれる漬物なのだそうです。

 

他にも“柿漬け大根”は、干した柿の皮をたくあんと
一緒に糠で漬けるものですが、
ほんのり甘い柿の風味と甘味が何とも言えない味わいなのだそうです。

 

また和歌山では、水のきれいな清流で育つ鮎料理が豊富です。

 

“鮎の肉ずし”や“鮎の白子”、“鮎の甘露煮”や“鮎の雑炊”、
“鮎の天ぷら”や“鮎のお造り”などがあり、
鮎のコース料理で贅沢に祝うご家庭もあるそうです。

 

和歌山の古座川では、他にも手長えびやうなぎ、
ズガニなどもとれ、川の恵みが多い祝い膳が多く並びます。

 

他にも、たくさんの野菜を甘辛く煮つけ、
酢飯と酢漬けにした魚を押し寿司にしたものを、
柿の葉で包んだ“柿の葉ずし”や、柏葉で包んだ“かしゃばずし”、
またそのまま錦糸卵や紅ショウガで飾り付けた“かきまぜ”と、
お祝いの席には欠かせない食べ物として和歌山らしい、
形を変えた押し寿司が、よく知られております。

 

素材が一緒でも、ちょっとした工夫で、
こんなにも味わいが変わるということを教えてくれるのが、すごいですね!

 

【和歌山の地酒】

 

・黒牛 米の濃厚な香りと旨みと酸味もある、きりりと辛いお酒です。
・雑賀 芳醇な米の香りに酸味があいまって、口当たり爽やかなお酒です。
・紀土 上品な米の旨みと華やかさを感じる香り、口当たりは軽く辛口のお酒です。
・車坂 米の旨みと芳醇な香りが爽やかな、飲み口まろやかなお酒です。
・羅生門 上品な米の香りと旨みが、飲み口爽やかなお酒です。
・龍神丸 味も香りもフルーティな、爽やかなお酒です。
・高野山般若湯 米の香りと旨みが濃い口当たりまろやかなお酒です。
・太平洋 米の旨みと味わい淡麗の爽やかなお酒です。
・鉄砲隊 米の吟醸香高く、旨みが濃い口当たりまったりとしたお酒です。
・超超久 米の旨みも香りも濃く、飲み口濃厚なお酒です。

 

【和歌山の名物丼】

 

かつおの刺身を、しょう油と生姜、
みりんを合わせたものに漬け込んだものをごはんにのせて
白ごまと白髪ネギや刻みネギをのせた丼です。

 

これに熱い番茶をかけていただくのが
“けんけんかつおの茶漬け”というそうです。

 

なんとも美味しそうですね。

 

おせちに飽きたら、ぜひ作ってみて下さいね!