年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

おせち料理の作り方 数の子編

あのプチプチとした触感は、たまりませんね!

 

この数の子の味付けも、上手に仕上げれば大変喜ばれますね。

 

まずは数の子の選び方。

 

基本的には、味付けされていないものの方が、家の好みで味付けをすることができます。

 

それでは数の子の美味しい味付けのはじまり〜!

 

<材料>

 

・塩数の子 12 〜15本位
・塩(少々)

 

<つけだし>

 

・酒 大さじ4(60cc)
・みりん 小さじ1(5cc)
・薄口しょうゆ 小さじ2(10cc)
・だし汁 200ml
・糸かつお 適量(普通のかつお節でもok)

 

<作り方>

 

・数の子は水に少量の塩を入れたものに半日くらい浸し、塩抜きをします。
・塩抜きしたら、数の子にある薄っすらとした、白い膜をはがします。

 

<つけだし>

 

・材料を鍋に入れ、沸騰させないように、ひと煮立ちさせて冷まします。
・冷めたつけだしに数の子入れてまた、半日以上つけ置いたら、出来上がり。

 

ポイント&コツ

 

・数の子の種類や大きさによって、塩抜き時間が多少変わりますよ!
・つけだしを煮立たせるときに、強火にしすぎないでね。
(沸騰しすぎたらちょっと微妙な味つけになっちゃうのよね)

 

数の子が余ったときのアレンジレシピ!

 

・意外とマヨネーズが合うんです。
・ちらし寿司やパスタの具にすると触感が楽しい!
・混ぜご飯に入れても楽しいよ
・数の子入りポテトサラダ
・なますと数の子を合わせてもgood!
・ほんのりわさび風味で数の子の白和え
・数の子ときゅうりのおかか和え
・数の子のフライor天ぷら

 

意外となんにでも合っちゃうから、不思議!

 

ほんの、ちょっとした工夫やひと手間で、子どもたちにも喜ばれるものが出来ると思いますよ!

 

数の子の意味は、子孫繁栄!

 

いつまでも家族仲良く元気に暮らせるように、心を込めて作りたいですね!

 

少子化問題が深刻な日本です!

 

子供たちのはしゃぐ姿がいつまでも見ることが出来る国でいたいですよね。