年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

富山県の伝統のおせち料理

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

 

富山は、塩漬けにした大根が保存食材として大変有名ですが、
この塩漬けの大根を使った料理“あいまぜ”が郷土料理にあがります。

 

塩漬けの大根と、大根の葉を細く千切りにしたものを、
軽く茹でて塩抜きをします。

 

大根をザルにあけてお湯を切ったら、
だし昆布の千切りと酒粕、みそを入れて、塩抜きした大根を入れ、
軽く煮込んだものです。

 

お好みで一味や七味を入れたりします。

 

祝い膳の一品として並びますが、おせちの箸休め的な存在だそうです。

 

また“赤まま”と、“白ごわい”といわれる紅白のお赤飯があります。

 

うるち米を小豆で赤く色づけ炊いたものと、
白いままのうるち米を大豆で炊いたものが
紅白でめでたいもち米料理となり、祝い膳に並びます。

 

また、富山は新鮮なイカがたくさんとれますので、
イカ料理が豊富なのも特徴でしょうか。

 

中でも有名な料理は“いかのもち米詰め煮”でしょうか。

 

イカをまるごと使うのですが、はらわたをとって軟骨も取り、
きれいに中を洗ってから、もち米を詰め、酒、しょう油、
みりんと水で、中のもち米に火が通るまで煮たものです。

 

祝い膳には欠かせないものとして有名ですね。

 

ここまででお気づきの方も多いかと思いますが、
もち米がよく使われるのが富山らしいと言えるのではないでしょうか。

 

他にも“柿の葉寿司”があります。

 

酢飯と塩サバ、味付けした人参や生姜、牛蒡や椎茸などを
押し寿司にして、甘酢に漬けた柿の葉で巻いたものです。

 

やはりこちらも祝い膳には欠かせないもののようですね。

 

【富山の地酒】

 

・満寿泉 香りも旨みも味も全てが洗練されており、
 衝撃的な感動のお酒といわれております。
・勝駒 米の旨みと香りが上品な、口当たりまろやかなお酒です。
・銀嶺立山 ほのかに香る芳醇香と、旨みがすっきりとしたのど越しの辛口のお酒です。
・銀盤 米の美味さが上品に残っている、口当たりまろやかなお酒です。
・幻の瀧 フルーティな香りがする、味わいは濃厚なお酒です。
・羽根屋 フレッシュな酸味香る、きりっとした辛口のお酒です。
・成政 芳醇な香りが爽やかな口当たりすっきりとしたお酒です。
・黒部峡 米の濃厚な香りと、飲み口すっきりとした爽やかなお酒です。
・三笑楽 味わい深く、香り高く、口当たりまろやかなお酒です。
・若鶴 口いっぱいに広がる芳醇な香りが上品な、まろやかなお酒です。

 

富山のお酒も美味しいとよく聞きますよね。

 

【富山の名物丼】

 

白海老とタマネギでかき揚げを作り、
それをご飯にのせミツバを飾って、
天つゆをかけていただく“白海老のかきあげ丼”です。

 

新鮮な白海老がとれる富山ならではの丼ですね。

 

本当に美味しそう〜!おせちに飽きたら作ってみてね!