年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

滋賀県の伝統のおせち料理

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

 

滋賀は、“赤こんにゃく煮”があります。

 

味は普通のこんにゃくと同じですから、だしで煮たものや、
しょう油で味付たもの、甘辛味噌で田楽など、
こんにゃくらしい品々が揃っております。

 

赤こんにゃくは、色が赤いことから祝いの席にはよく出されるそうですよ。

 

またおせちの昆布巻きも、滋賀では鮎を巻いたものが多いそうです。

 

有名な琵琶湖では、小えびが採れることでも知られておりますが、
この小えびを使った“えび豆”も祝い膳に並びます。

 

大豆とえびを甘辛く煮たものです。

 

他にも“鴨鍋”などがあります。お正月頃にしか、
いただけない貴重な鍋として有名です。

 

また“さばそうめん”も特徴的ですね。

 

砂糖しょう油で甘辛く煮つけた焼きさばを煮た汁で細麺をからめ、
その上に、味付けた焼きさばをのせた料理です。

 

滋賀の祝い事には欠かせない一品なのだそうですよ。

 

琵琶湖では、フナもとれますが、
このフナを使った“ふな寿司”も有名ですね。

 

ごはんを自然発酵させて作るふな寿司の独特の香りと酸味と旨みは、
やみつきになると言われております。日本酒にとっても合いそうですね。

 

また滋賀の素朴なお菓子として、各家庭で作られていた“かみこ”があります。

 

大豆と玄米、小麦を混ぜて煎ったものですね。素朴なお菓子にほっとしますね。

 

また“でっちようかん”という竹の皮に、
小麦粉とあんこ、黒砂糖をこねて包み、蒸したお菓子があります。

 

素朴な甘さのお菓子が滋賀らしいのではないでしょうか。

 

【滋賀の地酒】

 

・大治郎 熟成されたフルーツのような甘い香りの口当たりまろやかなお酒です。
・不老泉 米のコクと旨みがあいまって、飲み口すっきりとしたお酒です。
・松の司 米の芳醇な香りと酸味がバランスよく、口当たり爽やかなお酒です。
・七本槍 米の旨みにこだわり、コクのあるまろやかな飲み口のお酒です。
・笑四季 米の香り爽やかな、やや辛口のお酒です。
・琵琶の長寿 ほのかな香りながら重厚な深い味わいのお酒です。
・三連星 米の香りと旨み、味とコクのバランスが良い飲み口にキレがあるお酒です。
・喜楽長 米の上品な旨みときりりと爽やかな、のど越しのお酒です。
・荻乃露 丁寧に熟成された米の芳醇な香りと濃厚な口当たりのお酒です。
・一博 芳醇香高く、旨み濃く、口当たりがとろりとした、のど越しのお酒です

 

【滋賀の名物丼】

 

ここで豊富な滋賀の山菜が登場です。山うどの若葉や、
山うどのつぼみ、かぼちゃの薄切りや、茄子、ししとうなどを天ぷらにします。

 

それらをごはんにのせて、甘めの天つゆをかけ、ミョウガや生姜をのせた“山菜天丼”です。

 

おせちの基本膳と祝い膳に並ぶ品々が、
自然と魚介類が多いことから、
この山菜天丼はまた格別に喜ばれるのでしょうね。

 

おせちに飽きたら、ぜひ作ってみて下さいね。