年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

山形県の伝統のおせち料理

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

山形のおせちは、高野豆腐がよく使われるようです。

 

また変わった名前の食材も多く登場しますよ。

 

まずは、エイの干物を砂糖しょう油で甘辛く煮付けたものが正月料理には欠かせないとのこと。

 

他にも、干し椎茸と干し貝柱を使ってとる出汁で、山形の山の幸をふんだんに入れた野菜類と高野豆腐で具だくさんになったものを、しょう油で味付けした汁ものは山形の名物なのだそうです。

 

“スベリヒユ”を煮た“ひょうぼす”という食べ物もありますよ。

 

“スベリヒユ”とは、畑の雑草といわれているものですが、山形では食用として普通にスーパーなどで売られている青菜の野菜です。

 

“ひょうぼす”とは、スベリヒユを茹でたものを干して保存食にしたものです。

 

これをもどし、人参、こんにゃく、油揚げなどで、甘辛く煮付けたものが山形では正月の定番料理なのだそうです。

 

意味がとっても可愛いんですよ。「ひょっとしたら・・良いことあるかも!」という思いが込められているんだとか。

 

山形は山菜料理が多いことから、里芋の茎を使った芋がらの煮つけも好まれます。

 

山形はお米が美味しい事でも有名ですから日本酒も美味しいものがたくさんあるのではないでしょうか。お正月は何と言っても日本酒ですからね。

 

【山形の地酒】

 

・十四代 フルーティな香りがする、やさしい口どころのお酒です。
・出羽桜 香り高く、芳醇なやさしいお酒は日本酒好きに人気のお酒です。
・くどき上手 思わず相手の心をとかしてしまうほど、美味しいお酒といわれております。
・初孫 足腰の強い、コクと旨みがあるお酒といわれております。
・上喜元 鑑評会用にだけ酒屋が造っていた幻のお酒が飲めるようになったと喜ばれているお酒です。
・香梅 口当たりなめらかで、すっきり、さっぱりとしたお酒です。
・雅山流 飲む人によって味が変わるお酒といわれております。
・東光 日本酒本来の酒を求めて作られた、のど腰まろやかなお酒です。
・盾野川 一杯で三杯分の満足度があるお酒とうたわれております。
・東北泉 フルーティな香りが濃い、高級酒です。

 

やはり、東北方面は、フルーティな香りがする日本酒が多いのですね。

 

なぜなのでしょうか?

 

地元の人にも「わからない」そうです。

 

水なのでしょうか、それとも米が育まれる土の影響なのでしょうか?でも、フルーティなのは女性には嬉しいですよね。

 

【山形の名物丼】

 

きゅうり、なす、ネギ、みょうが、生姜、青唐辛子、青じそ、を細かくみじん切りにし、混ぜ合わせます。

 

ごはんの上に茹でたべにばなをのせて、豆腐ものせて、混ぜ合わせた野菜たちをのせます。

 

最後に鰹節をかけて、甘目のだししょう油をかけていただく丼です。

 

“べにばなだし丼”というのだそうです。

 

とっても体に良さそうではないですか。おせちが飽きたら作ってみて下さいね!