年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

おせちについての小話

江戸時代、重要な年中行事として、年に五日の祝日(当時は式日)が制定されていたことはご存知ですか?

 

現在は、さまざまな祝日がつくられていますよね。

 

なぜ祝日なのか?意味を知ると、子供たちに教えてあげられますよね。

 

<それでは・・・日本の古くからの祝日(式日)です。>

 

1月7日に七草粥を食べる日です。
昔、この日は人日(じんじつ)といわれておりました。

 

正月7日は人の日という意味があるそうです。

 

ですから、邪気を祓い、1年の無事を祈りながら七草(芹・薺・繁縷・仏の座・菘・蘿蔔・御形)の入った粥を食べる風習だったそうです。

 

あれっ?と思われた方、きっと多いですよね・・・七草粥は、正月で疲れた胃を休ませるために食べるものじゃないの?っと・・・!本当はこんな意味があったのですね。

 

2.3月3日、3月の最初の巳の日という意味で上巳(じょうし又はじょうみ)といわれておりました。
禊ぎをする日だったそうですよ。

 

日々の穢れを祓い、それらを身代わり人形にうつし、川や海などへ流す風習です。

 

江戸時代以降は、“ひな祭り”として庶民の間に「桃の節句」として定着しました。
でもなぜ、女の子の祝い日になったのでしょうね。

 

それは、高貴な身分の女の子の厄を払い、すくすくと成長することを願ったものがはじまりだからなのだそうです。

 

3.5月5日、5月最初の午の日という意味で、端午(たんご)といわれておりました。

 

古くは薬草摘みの日としていたそうで、菖蒲が「尚武」と同じよみであることから、男の子の立身出世を願う行事になったのだそうです。

 

別名「菖蒲の節句」といわれております。

 

この日は言わずと知れた子供の日・・・男の子の日とはいいませんが、鯉のぼりを上げるのはなぜなのでしょうね?調べてみましたよ!

 

やはり、男の子の立身出世の意味が込められているそうで、鯉の滝登りの様子を空に掲げることで、願ったそうです。

 

4.7月7日(七夕)“たなばた”です。

 

たなばたの物語が中国から伝わったことは知っていますか?

 

物語の中に出てくる、織姫と彦星は有名ですが、おとぎ話のただ一つの純粋な結びつき、という意味が込められており、素敵な人に出会えますようにという意味があるそうです。別名「笹の節句」といわれておりますね。

 

なぜ、笹に願い事を書いた短冊をつけるのでしょうか?

 

物語では、織姫がたいへん織物が得意だったことから、習いものが上達するように願ったのが始まりだと言われています。

 

そのうちに、自作の歌や、絵を書いたものを飾るようになり、今ではさまざまな願い事が書かれるようになりましたよね。

 

5.9月9日はあまり知られていない祝日ですよね、カレンダーでも赤文字ではなくお休みでもありません。

 

ですが、由緒ある祝日なんですよ。

 

重陽(ちょうよう)の祝いといわれているようです。
こちらも中国の風習からきています。

 

中国では、9という数字は最大の陽にあたり、大変縁起が良いといわれ、力をもらう日
といわれております。

 

それが2つも並ぶ日で二重にめでたい日ということになるため、菊の花を飾り邪気を祓って長寿を祈るというものなのです。

 

なぜ?菊を飾るのでしょうか?

 

それは・・・菊の咲く季節だからだそうです。

 

この陽が並ぶめでたい時期に咲く花として、菊を浮かべた酒で祝ったり、菊を浮かべた
湯船につかることで、邪気を祓ったといわれております。

 

菊自体が、邪気を祓ってくれるものということです。

 

日本の宮中では現在も重要な節句として行われておりますね。
別名「菊の節句」といわれております。

 

二重に重なった強い陽の力により、邪気が払われ長生きできるからですね。

 

どうですか?今でも受け継がれる祝い事の意味は知っておくとまた祝日を祝う心構えのようなものが芽生えますよね。

 

では・・・お正月はなぜ祝うのかしら?

 

新しい年の幕開け月として、さまざまなことを感謝し、また願う日ですね。
じつは・・・1月は全部がお正月なんですよ!

 

現在は、いろいろと区分け?されておりますが、一年の計は元旦にあり!

 

とうことで、1月は大変重要な一か月ということなのですね。フムフム・・・