年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

奈良県の伝統のおせち料理

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

 

奈良のおせちと並ぶ祝い膳として最初にあがるのが、
やはり“きな粉雑煮”ではないでしょうか。

 

お雑煮のだし汁に、具材はやつがしら、豆腐、こんにゃく、大根、
人参に焼いた丸餅をいれたものですが、
食べる時に、砂糖入りのきな粉をつけていただくのが奈良風。

 

まず最初に、お餅をきな粉につけて、きな粉もちのように食べるのだとか。

 

また“秋刀魚寿司”があります。

 

開いた秋刀魚を塩で漬けて酢飯と重ねる押し寿司です。

 

焼いた秋刀魚をのせる地域もあるそうです。
お祝い事には必ず並ぶ一品です。

 

他にも、外せないのが“奈良漬け”ですね。
胡瓜やスイカ、白瓜などを塩漬けにしたものを、
何度も酒粕に漬ける作業を繰り返すことで有名ですね。

 

とても手が込んでいて、時間を費やす漬物として有名ですが、
漬物の奥深い香りがなんともいえず、やみつきになる味わいです。

 

長く漬かれば漬かるほど、高価なものになります。

 

また“ごま豆腐”も奈良らしい祝い膳の一つですね。

 

丁寧にすられたごまをふんだんに使用している為、
ごまの香りとコクがなんとも濃厚な味わいのお豆腐です。

 

“大和のつるし柿”も奈良の風景には見慣れた冬模様ではないでしょうか。

 

何とも言えない甘味は、
丹精込めて作られる我が家の干し柿として、とても愛されております。

 

奈良の鍋物では、“飛鳥鍋”があがります。

 

だしに牛乳や豆乳を使用し、野菜をふんだんに入れたお鍋です。

 

だしに入れた牛乳や豆乳が野菜の旨みとあいまって、
なんともいえない奥深い味わいが出る鍋です。体の芯から温まりそうですね。

 

【奈良の地酒】

 

・風の森 フルーティな香りに包まれて、のど越しがすっきりとしたお酒です。
・梅乃宿 爽やかな香りと米の甘味がバランス良い辛口のお酒です。
・百楽門 米の旨みが上品な、すっきりとした辛口のお酒です。
・篠峯 米の芳醇な香りと、旨みがあいまって口当たりなめらかなお酒です。
・春鹿 上品な香りと米の旨み、爽やかな口当たりの辛口のお酒です。
・唾龍 米にこだわったお酒です。旨み、香り、甘味、酸味のバランスが良いお酒です。
・八咫烏 ほのかな米の香りの口当たりすっきりとしたお酒です。
・山鶴 上質な香りと酸味が米の旨みを際立たせる、爽やかなお酒です。
・長龍 丁寧に熟成された米の香りと旨みが、何とも言えない味わいのお酒です。
・山桂 米の旨みがなんともまろやかな、熱燗にすると止まらなくなるお酒とうたわれております。

 

【奈良の名物丼】

 

奈良名産の大和太ねぎと、大和肉鶏を使用した、
“すき焼き風丼”があるそうです。

 

大和太ねぎと大和肉鶏をふんだんに入れた、
だしに砂糖しょう油を入れた甘辛たれで煮込んだすき焼きを、
ごはんにのせた丼です。

 

白髪ネギを添えていただくそうです。

 

すき焼きは、大和太ねぎをたっぷり使うのだそうです。美味しそうですね。

 

おせちに飽きたら、作ってみて下さいね!