年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

三重の伝統のおせち料理

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

 

三重は、やはり伊勢海老ではないでしょうか。

 

伊勢海老の姿盛りや塩焼き、伊勢海老の天ぷらなど、
大きな伊勢海老があるだけで、おせちが豪華になりますね。

 

またアオサは三重が日本で一番の収穫量を誇ります。

 

だし汁にたっぷりのアオサを入れた“アオサ汁”は祝い膳には、定番の汁ものです。

 

また、“あらめ巻”という昆布巻きと同じようなものなのですが、
昆布の仲間のあらめで三重ではイワシやさんま等を巻き、
だししょう油で煮つけます。昆布よりもあらめで巻くのが三重風なのです。

 

そして綺麗な三重の清流に住むあまごでつくる
“あまご寿司”は三重でしか食べられないものです。

 

さっぱりとしながら旨みがあり何とも言えない、おいしいお寿司なのだそうですよ。

 

また、ごはんものでは、やはり“あわびめし”は外せないようです。
伊勢でも高級食材として大変重宝されております。祝い膳に並ぶ一品です。

 

他にも有名なものがありますね。

 

そう“からすみ”です。

 

たくさん作ることが出来ない貴重なものですから、贈答品でいただくことが多いのですが、
三重のおせちや祝い膳には、この“からすみ”は酒のお供として、並ぶことが多いですね。

 

からすみを使ったお茶漬けは絶品だそうですよ。

 

また三重では“豆腐の田楽”も好まれます。

 

豆腐を竹串に刺して甘味噌で焼いたものです。
とても美味しいですよね。

 

三重では豆腐料理もよく好まれて食べられております。

 

【三重の地酒】

 

・三重錦 米の芳醇な香りとコクがあり、キレがある、口当たり爽やかなお酒です。
・作 ほのかな米の香りと旨みがあいまったやや辛口のお酒です。
・るみ子の酒 酵母が生きている生酒のため、
 飲むときにシュワ―とでてくる驚きに、若者たちに人気のお酒です。
・義左衛門 米の芳醇さと旨みがまろやかなお酒です。
・上げ馬 花の香りに近い芳醇な香りと米の旨みがあいまって、
 口当たりまろやかなお酒です。
・瀧自慢 フルーティな香りと軽い飲み口の爽やかなお酒です。
・宮の雪 フルーティな香りと米の旨み、口当たりまろやかなお酒です
・俳聖芭蕉 米の芳醇な香りが上品な、旨みが強いお酒です。
・酒屋八兵衛 米の香り広がる、きりりとしまった辛口のお酒です。
・天遊琳 旨みコク香りのバランスがよく爽やかな、飲み口のまろやかなお酒です

 

【三重の名物丼】

 

東紀州地鶏を使用し、甘辛く照り焼きにしたものを、
そぎ切りにし、ごはんにのせ、青じそと焼き海苔の刻みをのせた丼で、
“東紀州地鶏丼”といいます。

 

貴重な東紀州地鶏を使用するのが三重風です。

 

また“かつお茶漬け”も人気です。

 

新鮮なかつおの刺身を醤油漬けしたものをごはんにのせて、
きざみのりとすり生姜をのせ、熱いお茶をかけていただくものです。

 

おせちに飽きたら、ぜひ作ってみてね!