年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

新潟県の伝統のおせち料理

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

新潟は鮭の頭を使った料理が祝い事に作られる名物料理です。

 

鮭の鼻先にある軟骨を使います。

 

大根おろしと鮭の軟骨を甘酢で漬けこみます。

 

それをきれいにお皿に盛って柚子の皮の千切りをのせたら、“氷頭なます”の出来上がりです。

 

おせちの定番であるなますの新潟風といわれるものですね。

 

また新潟も北海道同様、大晦日におせちを食べるところが多いそうですよ。

 

こちらも“年迎え膳”といった感覚で皆と食卓を囲むのでしょうか。

 

また“のっぺ”といわれるごった煮に似た煮物汁が作られますが、新潟内でも“のっぺ”の具の内容がかなり違うそうです。

 

あるところでは、あっさりだし汁で、具も少なく、またあるところでは、汁がなくなりそうなほど具だくさんのものとがあるそうで、またその中間のものもあるとか・・・。

 

ですから“のっぺ”という名前は同じでもその家々の“のっぺ”があるそうです。

 

我が家の“のっぺ”が正月の祝い膳に並ぶのですね。

 

【新潟の地酒】

 

・久保田 調和のとれた口当たりと、まろやかな旨みのお酒です。
・八海山 プレミアがつく有名な魚沼産のお酒です。
 こだわりの材料から数が限られているので、プレミアが付き数倍の値段で取引されるというお酒です。
・〆張鶴 上品な口当たりでありながら、すっきりとした飲みごたえのお酒です。
・菊水 米の力を余すことなく込めたお酒です。
・越乃景虎 飲めば飲むほど、美味しくなり、飲むのをやめられなくなるお酒とうたわれております。
・上義如水 フレッシュでフルーティな香りと口当たりまろやかな爽やかなお酒です。
・緑川 フルーティな香りが濃く、旨みとも甘味ともとれる味わいのお酒です。
・雪中梅 時代に流されない、越後に引き継がれる永遠の銘酒とうたわれているお酒です。
・越乃寒梅 さらりと軽い飲み口だが、きりりと辛いお酒です。
・鶴鈴 芳醇な香りで口当たりまろやかなお酒です。

 

新潟のお酒はやはり魚沼の美味しいお米が使われたものなど、
日本酒造りにとっては良い環境でありますね。またフルーティな香りの
日本酒があるのも東北の特徴なのでしょうか。

 

【新潟の名物丼】

 

いくらを、たっぷりのだししょう油で漬けこんだ、
しょう油漬けいくらをご飯にたっぷりのせ、刻みのりを散らした“はらこごはん”が有名だそうです。

 

新潟で「はらこごはん」の“はらこ”は、“いくら”のことを指しています。

 

それにしても、美味しそうです!

 

おせちに飽きたら、ぜひ作ってみて下さいね。