年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

群馬県の伝統のおせち料理

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

 

群馬は日本国内では有名な小麦の名産地です。

 

そんな群馬の地粉を使用したうどんは、この上なく美味しいと言われております。

 

数々あるうどん料理の中で群馬の名物として有名なのが
“おっきりこみ”といわれる煮込みうどんです。

 

野菜をたっぷり入れただし汁で地粉を練った太麺を煮込むものとして人気があります。

 

またお正月に集まる子供たちの楽しみの一つが、

 

“やきもち”作りでした。

 

味噌で味付た野菜を練った小麦粉に包んで焼いたものです。ワイワイ遊びながら、
一緒に作るだけで楽しいひとときだったことでしょう。

 

“やきもち”は別名“おやき”とも呼ばれております。

 

【群馬の地酒】

 

・尾瀬の雪どけ フルーティで艶のある芳醇な香り、
飲めば飲むほど口当たりがまろやかでやめられなくなるお酒だそうです。

 

・群馬泉 なめらかな口当たりと、米の旨みが濃いお酒です。
・水芭蕉 ふわっと広がる芳醇な香りと、口当たりまろやかでやさしいお酒です。
・谷川岳 ほのかな甘さが口いっぱいに広がる、まろやかなお酒です。
・町田酒造 日本酒にはもっとも大切な存在である麹にこだわりぬいたお酒です。
・大盃 きりりと辛口に仕上げた、口当たりがさっぱりとしたお酒です。
・秘幻 淡麗、辛口の爽やかなお酒です。
・分福 ほんのり香る米の旨みとあいまって、
 ふくよかな口当たりに、やさしい気持ちになるお酒です。
・男一心 フレッシュさを感じる芳醇な香りのお酒です。
・厳 米の香りが力強く感じられるお酒です。

 

私個人としては、分福茶釜から名前をとったと思われる、“分福”がとても気になりますね。

 

子どものために茶釜に化けるお父さん狸が、結局は人をだましてお金を稼いだところで、
関わりを持った古物商や和尚さんに許しを請う物語ですよね。

 

お父さん狸のこどもを思うがための罪に、
かわいそうに思った古物商と和尚さんの優しさにも心打たれますが、
結局神様からは許してもらえず、
一生茶釜のすがたのままになってしまったお父さん狸を、
和尚さんがお寺に住まわせて、おしりが痛くならないように、
ふかふかの柔らかい座布団で、ずっと面倒を見てくれる物語ですよね。
なんだかほのぼのなんだけど、とても切なくなるお話です。

 

“分福”は幸せを分けるという思いが込められておりますから、
このように家族を思う気持ちは、人間も動物も一緒なのだということと、
やはりそれでも悪いことはしてはいけませんよという戒めとが教訓として残される、
非常に奥深いお酒です。

 

しみじみ己の生き方を考えながら、飲んじゃいますよね。

 

【群馬の名物丼】

 

ヒレカツを甘辛く煮詰めたソースにくぐらせたものを、
ごはんにのせた“ソースかつ丼”が有名だそうです。

 

群馬は釜飯も有名ですが、どちらも美味しそうですね。
おせちに飽きたら作ってみて下さいね。