年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

青森県の伝統のおせち料理

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

東北の青森でも、家によってのおせち論があります。

 

やはり、わざわざお重に入れての“おせち”にこだわらないそうです。

 

ですが、家族みんなが集って、温かいお部屋で美味しいものを食べる!という形はどこでも同じです。

 

またお重にする場合は、土地柄から海の幸も山の幸も豊富で、味付けは少し濃い目に作られるようです。

 

また、三陸でとれるアワビやウニで作る、すまし汁は青森名物といわれております。

 

“いちご煮”といわれるそうです。

 

昔は、大間でマグロの一本釣りが盛んだったことから、祝い事には大間のまぐろ料理が振る舞われることが、幸せの象徴でもあったそうです。

 

他にもホタテを岩のりなどと一緒にホタテの貝殻で、味噌と玉子で煮付けた
“貝焼き味噌”も正月には、祝い膳に並ぶ家が多いと言います。

 

このような料理が、青森の正月らしいところでしょうか。

 

【青森の地酒】

 

・田酒 フルーティで芳醇な香りがする不思議なお酒ですが飲み口良く大人気のお酒です。
・豊盃 こちらもフルーティで芳醇な香りのお酒です。飲み口なめらかで人気のお酒です。
・陸奥八仙 豊富な山の幸や、海の幸と一緒に味わうために作られたお酒だそうです。
・喜久泉 辛口で深い味わいと、上品な吟醸香が特徴のお酒です。
・岩木正宗 山田錦の旨味を生かした濃厚でまろやかな味わいのお酒です。
・菊駒(旧)、「田酒」と人気を二分している地元では有名なお酒です。
・じょっぱり 口当たりが爽やかで、軽いお酒です。
・駒泉 長期低温発酵で、丁寧に作られきめ細やかな味わいのお酒です。
・桃川 気品ある味わいといわれているお酒です。 
・ねぶた 辛口で淡麗な味わいのお酒です。

 

このように、青森のお酒は、ワインのようなフルーティなものが多いようです。

 

香りも甘い香りがする不思議なお酒!お祝いの席でも、女性の方々に喜ばれるのではないでしょうか。

青森県のおせち料理 ちょい知識

 

先ほどの地酒の名前で、珍しい名前のものがありましたよね。

 

“じょっぱり”とは、意地っ張り!頑固者!という意味なのだそうですよ。

 

また、青森ではどんな丼が有名なのでしょうか?

 

おせちに飽きたら作ってみてね!

 

【ホタテと長芋のかき揚げ丼】

 

やはり青森はホタテがよくとれるということと、山の幸である山芋を合わせたかき揚げで、盛り上がったのでしょうね。

 

【作り方】

 

ホタテ貝と長芋、春菊を合わせたものを、油に少量のごま油を香りつけに入れて、かき揚げにします。

 

ごはんにかき揚げをのせて、甘めの天つゆをかけていただきます。

 

美味しそうですね・・・ホタテと長芋の組み合わせが、また良さそうですね。

 

春菊も良い味のアクセントになるのでしょうね。