年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

千葉県の伝統のおせち料理

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

 

千葉は言わずと知れた、お魚が美味しいところです。

 

ですから自然とお魚料理が名物になっております。

 

新鮮なカタクチイワシの“なます”的なものが代表的な郷土料理として、
各家庭の祝い膳には並ぶことが多いようです。

 

“イワシのゴマ漬け”といいます。

 

甘酢に漬けて唐辛子と生姜、ゴマをまぶした郷土料理として、
千葉でしか味わえないものの一つではないでしょうか。

 

また汁物では、“イワシのつみれ汁”が有名ですね。

 

祝い膳にも当然登場する一品にあげられます。

 

また“バカ貝料理”が有名で祝いの席にはよく出されることで知られております。

 

バカ貝と聞くと笑ってしまいますが、地元では美味しい貝としてさまざまな料理に使われます。
祝い膳にも酢の物をはじめとし、天ぷらやフライ、お刺身でもいただくそうです。

 

バカ貝ってどんな貝?って思いませんか?

 

バカ貝=青柳というと分かりやすいかと思います。

 

アサリなどの仲間ですね。とても大きな貝で、食べごたえがあります。

 

また模様が沢山ある飾り太巻きが有名ですね。

 

酢飯に色を付けて、花模様や蝶模様などその家に伝わる模様があり、
名人芸とまで言われる年配の技は、ぜひ受け継ぎたいという嫁は多いそうですよ。

 

また千葉は海老も有名ですよね。

 

おせちの基本膳の中にある海老の塩焼きは、大変大きなものだそうです。羨ましいですね。

 

【千葉の地酒】

 

・五人娘 百薬の長を目指し手作られたお酒です。
 しぼり若々しく丹精込めて作られた口当たりまろやかなお酒です。
 発売後すぐに完売してしまうことでも有名なお酒です。
・木戸泉 辛口のお酒です。美味しい食事に合う酒として熱燗でも冷でも人気のあるお酒です。
・仁勇 丁寧に熟成させた、口当たりまろやかなお酒です。
・甲子正宗 魚料理と合うお酒といわれております。辛口ですっきりとした味わいです。
・むすひ 独特の香りがある、酸味の強いお酒です。
・腰古井 飲めば飲むほどコクが感じられて、やめられなくなるお酒といわれております。
・東薫 冷やか常温で飲むのがお薦めのお酒です。口当たりマイルドなお酒です。
・梅一輪 フルーティな香り漂うすっきりとした味わいのお酒です。
・寿萬亀 南房総生粋のお酒といわれております。すっきり辛口のお酒です。
・一の宮 芳醇な香りが損なわれないように冷で飲まれることをお勧めされる繊細なお酒です。

 

千葉のお酒は魚料理に合うものが多いようですね。

 

やはり土地柄によってのお酒も、そのように運命づけられているものなのでしょうか。

 

感心するのは、日本酒も地方の特徴がでて、地域によってこんなにも違いがでるものなのですね。

 

【千葉の名物丼】

 

やはりイワシです。

 

千葉は新鮮なイワシがたくさん収穫されますので、
イワシ料理が多いのですが、丼もまた“イワシのかば焼き丼”が有名なのだそうです。

 

イワシを開いてきれいに洗い、片栗粉をまぶして焼いたものに
甘辛だし醤油で煮からめた丼です。

 

千葉ではこれに細切りにしたピーマンと紅ショウガをのせていただくそうです。

 

美味しそうですね。新鮮なイワシがとれるからこその名物丼ですね。

 

おせちに飽きたら作ってみてね。