年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

おせち料理の具の変化

当時は、現在のようなたくさんの食材はまだ使われておらず、
シンプルに高盛りになったご飯などであったとされております。

 

実った作物が中心であった大昔から、少しずつ真心が加えられて、豪華なものへと変わっていったのです。

 

まず、おせち料理の基本は、祝い肴三種である、煮しめ・酢の物・焼き物です。

 

地方により構成は異なります。

 

関東の祝い肴三種は、黒豆、数の子、ごまめ(田作り)です。

 

関西の祝い肴三種は、では黒豆、数の子、たたき牛蒡です。

 

関西には“睨み鯛”といって三が日の間は箸をつけない尾頭つきの鯛を焼いたものを重詰めする風習もあるのだそうですよ。

 

一つ一つの料理は、火を通したり干したり、あるいは酢に漬けたりし、味を濃くすることで日持ちするように調理します。

 

これにも意味があり、歳神を迎えて共に食事を行う正月の火を聖なるものとして捉え、神と共食する雑煮をつくるほかは火を使う煮炊きをできるだけ避けるべきという風習に基づいているのです。

 

江戸時代、関西では「蓬莱飾り」、江戸では「食積(くいつみ)」、九州の佐賀・長崎などでは「蓬莱台・手懸け盛り」と称し歳神様に三方などでめでたい食べ物などを床の間に飾り、また年始の挨拶に訪れた客にも振舞ったり家族も食べたりしたのです。

 

おせちの具の意味は?

 

<祝い肴3種>

 

・黒豆 “マメ”に働けますように
・数の子 子供が出来ますように
・ごまめ(関東) 豊作を願う
・たたき牛蒡(関西) 豊作・息災・砂邪を願う

 

<口取り>

 

・紅白かまぼこ 紅白は縁起が良いもの
・栗きんとん やり“くり”上手に暮らせるように
・伊達巻き 教養ある人物になれますように
・昆布巻き よろ“こぶ”幸せを願う
・錦玉子 黄色と白は金銀を表すもの、お金持ちになるよう願う

 

<焼き肴>

 

・鯛の焼き物 めで“たい”
・鰤の焼き物 出世を願う
・海老の焼き物 長寿を願う

 

<煮物>

 

・芽出しくわい “めで”たい
・花蓮根 将来を見通す
・里芋 子だくさん
・金柑 金冠豊かに

 

<酢の物>

 

・紅白なます 紅白は縁起物でお祝いの水引きをかたどったもの
・ちょろぎ 長寿を願う
・酢蓮 将来を見通す

 

 基本的には全国的にも、このような材料が選ばれているようです。

 

また、現代のおせち料理はさまざまな場所で豊富な材料や、個人ではなかなか手に入らない食材などが入った物が売られています。

 

現在は、食品の保存技術も進んだため、生ものや珍味のほか、
中華料理や西洋料理など各ご家庭の好みに合わせた料理を重箱に詰めて供することも多くなりました。

 

また、宅配サービスなどの流通が一般的にも普及していることから、
有名ホテルや料亭、百貨店などのデパート等、インターネットから直接、おせち料理を取り寄せるご家庭も増えています。

 

おせちに入れる具材の意味を知っていると、気持ちも込められ、ありがたくいただけますね。