年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

沖縄県の伝統のおせち料理

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

 

沖縄のお祝い料理は、方言名が多く、覚えると楽しい言葉が多いです。

 

まずは“ドゥルワカシ―”です。茹でた豚肉を細かく切り、茹でた田芋と、
ズイキ、椎茸、カマボコを一緒に炒めます。豚肉を茹でた時の出汁を入れて、
具材の形がなくなるまで潰します。

 

味付けは塩だけですが、何とも言えない深い味わいのお祝い料理です。

 

また、沖縄といったら豚肉というように、食べられないのは、蹄と鳴き声だけ、
というくらい豚肉料理が本当にたくさんあります。

 

その中でも人気が高いのは、“ラフティー”です。

 

豚の角煮のようなものですが、沖縄風はもっと大きく長い角煮です。

 

大鍋で大量に、とろとろになるまでしょう油と砂糖で煮込みますから、
食べたとたんに口の中でとろけるほど柔らかく美味しいと言われております。

 

また“ミミガー”は豚の耳のことですが、蒸したものを細切りにして食べます。

 

コラーゲンが多くお肌がぴちぴちになりますよ。

 

酢の物にしたり、ポン酢で食べたりします。

 

他にも、“ミヌダル”は、砂糖としょう油、泡盛に漬けこんだ豚肉を、
蒸し焼きにしていただく食べ物です。食べる時に切り分けて、いただきます。

 

それから、沖縄でも、かまぼこを作っているのは知っていましたか?

 

いくつかあるうちの“八重山蒲鉾”は、人気が高いといいます。

 

その理由は、魚の旨みも味も、他の蒲鉾よりも濃いと言われております。

 

一度は味わってみたい蒲鉾ですね。

 

また“パパイヤイリチー”は青パパイヤと豚肉、ニラなどを一緒に炒めたものです。

 

沖縄では、青パパイヤをとてもよく食べるのだそうですよ。

 

ビタミンが豊富なパパイヤは食べると病気が逃げるそうです。

 

【沖縄の地酒】

 

・黎明 芳醇な米の香りと旨みが酸味とあいまって、
 コクがあり、口当たりまろやかなお酒です。

 

やはり沖縄も日本酒つくりには過酷な土地がらだったようで、
沖縄の酒といったら“泡盛”なのだそうです。

 

沖縄の暑い気候では日本酒を作っている過程で、
駄目になってしまうことが多いからなのですが、頑張ってつくれても、
やはり数は少ない状態なのですね。

 

また、沖縄では泡盛を使った“ハブ酒”がなんといっても縁起が良いお酒として有名です。

 

へびなので、お金が貯まる、お金が入る、お金に縁があると言われており、
毎年沖縄のハブ酒はおみやげとしても、大変な売れゆきなのだそうです。

 

すごいですね。

 

お酒一つとっても、さまざまな意味があるので、本当に勉強になります。

 

その土地のものを知ることは、自分の人生を奥深いものにしてくれていると思いますね。

 

【沖縄の名物丼】

 

“海ぶどう丼”です。酢飯に、すったとろろ芋といくら、雲丹をのせて海ぶどうものせます。

 

きざみのりと、わさびを添えてお醤油をかけていただきます。

 

おせちに飽きたら、ぜひ作ってみて下さいね!