年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

岡山県の伝統のおせち料理

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

 

まず、最初にあがるのが“岡山ずし”ではないでしょうか。

 

こちらも呼び名が沢山あり、岡山ばらずし、まつりずし、
ちらしずし、などと呼ばれ、岡山の祝い事には欠かせないお祝い膳の郷土料理です。

 

大きな桶で酢飯を作り、その上に味付た野菜や魚介を
何種類も使った豪華なちらしずしです。その大きさも量も、
見た目だけでも大変豪華で、みんなが喜ぶ顔が浮かんでくるようですね。

 

また“鯛の浜焼き”は、鯛を塩で包み、蒸し焼きにしたものですが、
食べる時に塩でできた分厚い表面を割って鯛を取り出し、
食べると何とも言えない塩加減と、ふっくら仕上がる
鯛の身が祝い膳として、さらに豪華さが増すそうです。

 

そして外せないのが“ままかり”や“ままかりずし”ですね。

 

ままかりは、岡山でたくさんとれる小魚です。

 

ままかりは、ざっぱとも呼ばれますが、身を開いて酢漬けにしたものを使用します。

 

そのまま食べても美味しい“ままかり”の酢漬けですが、
これをお寿司にした“ままかりずし”も大変喜ばれる、
岡山のおもてなし料理です。ままかりは、
酢との相性が大変よく、とても味わい深い美味しい一品なのだそうです。

 

あまりにも美味しすぎて、ごはんが足りなくなるという伝えもあるくらいです。

 

祝い事があると、皆一斉に釣りにいくといいます。

 

また汁物では、美味しいシジミが採れる岡山ならでは
の大粒のシジミ汁も祝い膳にはよく出されます。

 

そして“むらすずめ”という和菓子が人気で、

 

新鮮なたまごを使用したクレープのような生地で包まれた
上質なつぶあんとの相性は抜群。

 

まるですずめの羽根のようで可愛らしいかたちです。

 

品の良い上品な甘さで、大変喜ばれるお土産なのだそうですよ。

 

【岡山の地酒】

 

・酒一筋 米の芳醇な香りと旨みが、飲み口すっきりとさせるお酒です。
・御前酒 じっくりと熟成させた旨みと香りが奥深さを感じる、
 口当たりまろやかなお酒です。
・三光正宗 米の芳醇な香りと旨みがとても味わい深いお酒です。
・櫻室町 フルーティな香りが爽やかな、飲み口軽いお酒です。
・嘉美心 上品な吟醸香で旨みもやさしい、口当たりまろやかなお酒です。
・大典白菊 お米の旨みと甘味がしっかりした濃厚なお酒です。
・歓びの泉 上品な米の香りと旨みが、口当たりまろやかなお酒です。
・竹林 フルーティで芳醇な香り高く、口当たりまろやかなお酒です。
・蘭の誉 米の香りと旨みが濃い、奥深い味わいのお酒です。
・かもみどり 芳醇な米の香りが上品な、すっきりとした飲み口のお酒です。

 

【岡山の名物丼】

 

フナのミンチを油で炒め、牛蒡、人参、里芋、ちくわ、生姜を入れて、
だしと砂糖、しょうゆで煮付けたものを、ごはんにかけて食べる丼です。

 

白髪ねぎを飾り付けます。

 

岡山は新鮮なフナがとれることでも有名ですから、
このような丼も考えられたのでしょうね。とても美味しそうですね。

 

おせちに飽きたら、ぜひ作ってみて下さいね!