年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

宮崎県の伝統のおせち料理

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

 

宮崎のお赤飯も“甘い赤飯”なのだそうです。

 

甘いお赤飯は何とも言えない美味しさ。

 

一度味わうと、普通のお赤飯とは違う美味しさに気づきます。
意味合いは同じでも、味はまったく異なる祝い膳です。

 

また宮崎は“鮎ずし”も有名ですよね。

 

鮎を開いて一晩塩に漬けこんだものを、酢飯を入れて、鮎の形に整えたものです。

 

“鮎の笹焼き”は、塩焼きにした鮎を笹の葉にのせたものですが、
ほんのりと笹の香りがつき、風情ある一品にかわります。

 

他にもさつまあげに似た“おび天”というものがあります。

 

練った魚に豆腐と黒砂糖を入れるのが、宮崎風です。
揚げたてアツアツを生姜醤油でいただきます。

 

また“カニまき汁”は、川ガニをよく洗い、甲羅をとって、
生のまま、ある程度身をほぐし、カニの足なども砕いてすり潰します。

 

そこへみそを混ぜて鍋に入れ、焦がさないように煮込んだ、大変手の込んだ汁物です。

 

宮崎でもたくさんのお客がくるときは“釜揚げうどん”をだします。

 

桶に湯を張り、茹でたてのうどんを入れて、温かいつゆでいただきます。

 

あと、宮崎で有名なのは、やはり“ジャンボいない寿司”ではないでしょうか。

 

日本では一番大きいのではないかといわれております。

 

通常よりも三倍もある大きな油揚げに、鶏肉や野菜と一緒に味付けた、
混ぜご飯を入れるのが、宮崎風です。

 

また“地鶏の炭火焼き”も宮崎の方々は大好きです。

 

鶏肉料理で、“チキン南蛮”などは、祝い膳でも、
子供たちに作ってほしいと、せがまれる一品なのだそうですよ。

 

【宮崎の地酒】

 

・千徳 フルーティな吟醸香とコクのある旨みが、口当たりまろやかなお酒です。
・綾錦 丁寧に熟成された米の香りと旨みが、のど越しすっきりとさせる爽やかなお酒です。
・夢の中まで 米の香りと旨みが、口当たり爽やかなお酒です。
・我楽 芳醇な米の香りと濃厚なコクが何とも言えない味わいのお酒です。

 

ここで、宮崎の不思議にぶつかりました。
宮崎では、酒といえば日本酒ではなく、焼酎のことをいうのだそうです。
日本酒は大変少なく、祝い事でもまず出されるのが、焼酎なのだということ。
しかし、焼酎が美味しい土地柄ですから、
日本酒もとても美味しいことは知られております。

 

宮崎で日本酒が飲みたい場合は、
「清酒を下さい!」といわなければ、やはり焼酎がでてくるそうです。

 

【宮崎の名物丼】

 

煮干しの頭とはらわたをとって、煎ったものを使用します。

 

煎った煮干しをすり鉢ですり、そこへすりごま、味噌を混ぜ、
すり鉢を逆さまにして火であぶり、煮干し入りの味噌に焦げ目をつけます。

 

焦げ目のついた味噌へ、だし汁を入れてのばします。

 

その中へ薄くスライスした胡瓜と青じその細切りを入れて冷蔵庫で冷やします。

 

麦ごはんを炊いて、その上に冷えた汁をかけていただく“冷や汁”は
一年中食べたくなる丼なのだそうですよ!

 

おせちに飽きたら、ぜひ作ってみて下さいね!