年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

高知県の伝統のおせち料理

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

 

高知と言えば、やはり“かつおのたたき”ですよね。

 

大きくて分厚いかつおのたたきがあるだけで、存在感があります。

 

また高知のお祝い事には欠かせない“こけら寿司”は
きれいに飾り付けた押し寿司を、何段にも重ねて作るものです。

 

見た目は、ミルフィーユやデコレーションケーキのようです。

 

幸せを重ねるという意味が込められております。

 

美味しい魚がたくさんとれる高知では、さまざまなお寿司があります。

 

その中でも祝い膳に登場するのが、“さばの姿寿司”です。

 

背開きしたさばを塩漬けにし、柚子酢でしめるのが特徴です。

 

お祝いの席でも、大変喜ばれる一品です。

 

また“ブリのヘラ寿司”は、少し甘目の酢飯を使用し、
脂ののったブリに挟んだものですが、やはりこれにも柚子酢を使用し、
ブリの旨みと柚子の爽やかな香りと酢のバランスがとても良い、
地元の方々に親しまれているお寿司です。

 

汁物では、“サツマ汁”ではないでしょうか、
大漁の魚の中にはさまざまな種類の魚もあり、
そんな魚たちを何でも入れてみると、奥深い美味しい汁物が出来るという
昔からの汁物として祝い膳にも出されます。

 

高知の“酒盗”も有名ですよね。鰹の塩辛ですが、
内臓をとって塩漬けにした鰹に玉葱や蜂蜜などを入れて漬けこんだものです。

 

大変珍味でお酒がどんどんなくなってしまうほどだとか。

 

また高知風のおもてなしと言えば、“皿鉢料理”で、
大きな浅皿にさまざまなご馳走を並べるのが好まれるそうです。

 

おせちに、皿鉢料理、豊富な海の幸や山の幸と、
お酒が何本あっても足りそうにないですね。

 

【高知の地酒】

 

・南 芳醇な米の香りが華やかな、キレの良い口当たりのお酒です。
・酔鯨 じっくりと熟成させ、米の旨みを最大限に引き出したお酒です。
・美丈夫 丁寧に熟成させた吟醸香と酸味があいあまって旨みが爽やかなお酒です。
・亀泉 丹精込めて作られた米の旨みと香りは、何とも言えない口当たりまろやかなお酒です。
・司牡丹 深みのある芳醇香が、より一層の旨みとコクを醸し出し、味わい深いお酒です。
・文佳人 米の香り、旨み、酸味のバランスが良い、爽やかなおさけです。
・安芸虎 手間暇かけて仕上げられた米の旨みは、
 香りと酸味もあいまってなんともいえず味わい深い、やさしいお酒です。
・土佐鶴 上品な吟醸香とひかえめな酸味と旨みが、きりりとさせるお酒です。
・久礼 フルーティな香りと濃厚な味わいの、爽やかなお酒です。
・桂月 芳醇な米の香り、と旨みが口当たりまろやかなお酒です。

 

【高知の名物丼】

 

やはりかつおですね。かつおの薄造りを、
だししょう油に漬けこんだものを、ごはんにきれいに並べのせ、
混ぜていただく丼です。刻みねぎを飾ります。

 

そして、かつおを漬けていた、だししょう油に熱い湯を注いだものを丼にかけて、
茶漬け風にしていただくのだそうです

 

。美味しそう〜!

 

おせちに飽きたら、ぜひ作ってみて下さいね!