年に一度の美味しいおせち料理について詳しく紹介します。

鹿児島県の伝統のおせち料理

正月,豪華,おせち料理,由来,通販,Oisix,オイシックス,百貨店,伊勢丹,三越,スーパーの洋風おせち,イオン,セブンイレブン,博多久松.ディズニー,無料レシピ,盛り付け,紹介,カニ料理

 

鹿児島といえば、“鶏肉の刺身”が最初に思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか?

 

地鶏の表面を炙り、薄造りでいただきます。

 

しょう油にニンニクや生姜、わさびと食べ方はさまざまです。

 

新鮮な鶏肉でしか味わえない一品です。

 

また“さつまあげ”もでてきますよね。

 

さつまあげは何種類もあり、お土産でも喜ばれています。

 

祝い膳に並ぶことはもちろんですが、鹿児島にはいくつもの、
さつま揚げ専門店がありますから、何種類も揃えたら、
それだけでテーブルがいっぱいになってしまうでしょうね。

 

“豚骨料理”も代表的です。鹿児島黒豚の骨付き肉を大鍋で、
じっくり煮込んだものです。

 

黒砂糖と味噌と焼酎で味付けるのですが、
肉が柔らかくなり、ほろりととれるほど。

 

甘めの汁がまた食欲をそそります。

 

祝い膳を囲み、皆が頬張る姿が何とも幸せそうですね。

 

また“にがごりの佃煮”はニガウリを使った佃煮です。

 

かつお節と、ごまをたくさん入れます。

 

“こが焼き”も魚のすり身を使ったものですが、
卵とすり身を混ぜて焼き上げるので、伊達巻きと似ています。

 

鹿児島風は形が四角いもので、祝いの席には欠かせない郷土料理です。

 

“春寒”は煮しめのことを言います。

 

鹿児島では、塩漬けの豚肉を入れます。

 

また“鶏飯”は、ごはんの上にいろんな具材をのせる飾り飯です。

 

味付けした鶏肉の他に錦糸卵や、パパイヤの漬物を細切りにいたものや、
みかんの皮も細切りにして使われたりと、
奄美大島経由で爽やかな風と共に人気のある一品です。

 

【鹿児島の地酒】

 

・薩摩正宗 フルーティな香りと旨みが、口当たりすっきりとさせるお酒です。
・幸寿 丁寧に造られた米の香りと旨みが、ガツンとくるお酒です。

 

 鹿児島も、日本酒よりも焼酎がメインの土地柄です。
 どうやら温暖な気候と水はけがよすぎる土壌が要因では?
 といわれておりますが、鹿児島は美味しいサツマイモがたくさんできることが好転!し、
 焼酎造りが盛んになったと言われておりますよね。
 日本酒独特の米からの製法は、温暖な土地では難しいとされてきましたが、
 鹿児島でも酒蔵を造ることに成功、でもその道のりは大変だったと思います。

 

 鹿児島で造ることに成功した初めての
 日本酒の誕生ということで話題にもなりましたよね。ですが、
 まだまだ数が少ないことから、希少価値という意味では、
 購買意欲が沸々と湧いてきちゃうのは私だけ?

 

【鹿児島の名物丼】

 

なんとこれも“鶏飯”といいます。鶏のささみ肉に塩をかけて
蒸したものを細切りにして、甘辛く煮つけた椎茸、薄焼き卵、
胡瓜も細切りにして、ごはんの上にきれいに並べます。

 

そのままでも美味しいのですが、
塩コショウとしょう油で味を整えた鶏ガラスープをかけていただく丼です。

 

おせちに飽きたら、ぜひ作ってみて下さいね!